灰本クリニック

胸のレントゲンで影が見つかった

胸部レントゲンの異常

 無症状の方が検診の胸部レントゲンで異常を指摘されたらまず胸部CT検査を行います。ほとんどの患者さんでは異常は見つかりません。一部の患者さんでは昔に感染した肺結核の名残(陳旧性肺結核)、昔にかかった肺炎の痕(炎症性瘢痕と言います)、肺気腫、非結核性抗酸菌症、気管支拡張症、間質性肺炎、縦隔腫瘍などの良性の病気がみつかります。多くの場合、治療は必要なく胸部CTかレントゲンで定期的に検査して追跡するだけとなります。間質性肺炎は癌ではありませんが、増悪して在宅酸素や死に至る場合もあるので決して侮れない病気です。縦隔腫瘍の一部は手術が必要です。

 一方、悪性の病気の肺癌や中皮腫が見つかることもしばしばあります。当院では年間20人の肺癌が見つかっており、ほとんどは早期です。

 

CTによる肺癌の診断

 当院のCTで見つかる年間20例ほどで肺癌のほとんどは10 mm以下の早期肺癌か前癌病変(細胞が癌化する前の状態)です。CT機器の精度が上がったことやわたしたちの読影力が上がるにつれて小さなサイズの肺癌も数多く見つかるようになりました。

 CTの画像を少し詳しく解説すると、病変が非常に淡いものであれば(図1)、6~12ヶ月に1回CTを行いながら経過観察します。この病変の60~70%は経過観察中に消えてしまい、癌ではなく良性の病変です。残りの30~40%が将来癌になって手術が必要となる病変(図2)です。

図1.GGN2-2.jpg図2.GGN1.jpg


 CTで定期的に経過観察をして病変が次第に大きくなって15 mmになった時点で呼吸器外科へ紹介します。20 mmになると転移が始まる可能性があるからです。ただし、この病変が胸膜(肺を取り囲む薄い膜)に近かったり(図3)、胸膜にくっついている場合は肺の外に癌細胞が早期に漏れ出る危険があるので早めに紹介します。淡い病変は年単位でゆっくり進行します。

図3.GGN3.jpg


 一方、CTで病変が濃い場合なら(図4)進行が早い癌が多いので、1~3ヶ月の短い期間にCTを再検査して、少しでもサイズが大きくなればすぐに呼吸器外科へ紹介となります。

図4.nd1.jpg


 経過観察の期間は見つかった時点の病変の性状やサイズによってさまざまです。長い患者さんでは見つかってから手術までに10年も観察し続けてやっと手術になった場合もありますし、図4の患者さんでは1ヶ月以内に手術となりました。

 多くの場合、すぐに手術するのではなく定期的なCT検査によって病変の大きさ、形、濃度変化などを経過観察することが一番重要です。CTで10 mm以下の淡い病変が見つかった場合では病期が0期に相当しますので、5年生存率は97%となります。 


  • 消化器内科
  • 循環器内科
  • 糖尿病内科
  • 呼吸器内科

灰本クリニック

〒486-0838
愛知県春日井市弥生町1丁目80番

(0568)85-0567

受付時間

休診日日曜・祝日/第2土曜/水・土午後

受診のご案内