旬な話題

インフルエンザやノロウイルスについて

記載者:NS  公開日時:2017年12月2日

 インフルエンザやノロウイルスは、気温がかなり低くなると流行る傾向があります。


ローカーボと血液のコレステロール

記載者:NS  公開日時:2017年11月8日

ローカーボと血液のコレステロール その1

NPO法人日本ローカーボ食研究会代表理事
灰本クリニック 灰本 元

1。日本人のコレステロール
 読者の皆様もすでによくご存じのようにコレステロールには動脈硬化を悪化させる悪玉(LDL)コレステロールとそれを予防する善玉(HDL)コレステロールがあります。悪玉コレステロールは細胞膜の成分なのでこれが減りすぎると癌死が増えることが大規模な研究からわかっています。HDL LDL.png


人工甘味飲料は糖尿病に使えない

記載者:NS  公開日時:2017年8月24日

 糖質制限食を実施するときに人工甘味飲料や人工甘味料を使ってよいという立場と使うべきではないという立場が対立している。それは、かつて日本で長らく使われていた人工甘味料のサッカリンが発がん性ゆえに突然販売停止になった苦い経験を彷彿とさせる。その経験がある私の世代は人工甘味料に懐疑的かもしれない。私ははっきりと反対である。口当たりはたいそう甘いが体には大丈夫、そんなヒトの味覚をだますような物質が安全とは到底私には思えないからである。Nature2014に人工甘味料が腸内細菌の撹乱を介して耐糖能を悪化させるという論文が発表された。この研究はきわめて緻密な実験を動物だけでなく人体をも題材にして実施し、人工甘味料の本質を証明してくれた。
 一方、大規模観察研究でも2011年以後人工甘味飲料と糖尿病発症について3編の報告が専門誌(AJCM)に掲載されている。そのうちの一つを紹介したい。


1。はじめに

ローカーボは減量のために役立つと多くの方々は思っているに違いない。


ゆるやかにローカーボ その1

記載者:NS  公開日時:2017年5月26日

1。炭水化物(糖質)を食べると?
2。ローカーボとは
3。糖質を厳しく制限するのはダメ
4。“ゆるやかなローカーボ”の利点
5。個々の目標をはっきりさせる
6。ローカーボ食とカロリー制限食どちらが血糖を上げる?


特定検診を受けましょう

記載者:NT  公開日時:2017年4月12日

4月になって新しい年度が始まりました。
新生活を始められた方も多いのではないでしょうか。


長引く咳

記載者:AK  公開日時:2017年1月13日


 新年年明けからうっすらと霜も降りるようになり、ようやく平年並みの寒さを感じるようになりました。年末が比較的暖かったためか特に最近寒さを感じます。
 当院所在の愛知県春日井市でも、インフルエンザや冬の胃腸風邪(ノロウィルス)が流行始めました。インフルエンザに関してはほぼ平年並みです。


インフルエンザと胃腸風邪

記載者:NS  公開日時:2016年12月19日

 インフルエンザやノロウイルスによる冬場の胃腸風邪ですが、昨年末と同様にまだ流行っていません。(2016/12/20 現在)


インフルエンザ第1号来院しました

記載者:NS  公開日時:2016年11月30日

 空気の乾燥で咳が続く患者さんが多く来院する中、先週インフルエンザ(A型)第一号の患者さんが来院しました。


Copyright(c) 2013 Haimoto Clinic All Rights Reserved.