ノロウイルスに注意しましょう!

記載者:SA  公開日時:2014年11月28日

 気温の急激な低下直後が要注意!!
これからの季節、気温の低下と乾燥がノロウイルスにとって最適な環境となります。

 ノロウイルスは吐き気と激しい嘔吐と下痢の繰り返しが特徴的な症状です。ひどいと脱水症状を起こす怖い病気です。
ノロウイルスは患者の糞便と嘔吐物が感染源となり、接触した人の手から口に運ばれ広がって行きます。当院でも以前に院内で嘔吐した患者さんの吐物の処理をした若いスタッフが、マスク、手袋、ガウン着用していたにもかかわらず翌朝には嘔吐下痢の症状を発症しました。それほど感染力が強いわけです。
家庭での便や吐物の処理には素手で触らず手袋マスクを着用して、消毒は塩素系漂白剤を希釈した物を使用して感染を防ぎましょう。

 ノロウイルスに感染した人の腹部レントゲンを撮ると、腸管の動きが麻痺して止まっており、その結果胃や腸に胃液、腸液が充満して、そこに水分を飲む事により嘔吐を繰り返すことになります。
胃液、腸液は1日に7L出ています。正常であれば胃や腸に吸収されるのですが、胃や腸が動いてないため吸収ができなくなって嘔吐や下痢の症状を起こすわけです。普通の胃腸風邪のように「水分をしっかりとりましょう」ではかえって悪化します。絶飲食とし、のどが渇いたら氷をなめる程度にして1日耐えることが症状緩和につながります。

症状がひどく体重減少のある場合は点滴で水分を補う必要があります。
早めに医療機関を受診しましょう。

Copyright(c) 2013 Haimoto Clinic All Rights Reserved.