暑い夏だからこそ…

記載者:SW  公開日時:2015年08月06日

皆さんこんにちは暑い日が続いていますね。今回は灰本クリニック管理栄養士より暑いからこその注意点をお話をしたいと思います。

熱中症対策でスポーツドリンクを飲む機会も増えることと思います。

ここで1つ注意していただきたいのが、スポーツドリンクに含まれる糖質の量です。ご飯100g(小さなお茶碗に軽く1杯)に含まれる糖質量は35gです。(大体コンビニのおにぎり一個分です。)ポカリスウェット500mlに含まれる糖質量は33gです。アクエリアス500mlに含まれる糖質量は23。5gです。どうですか?結構驚かれる方も多いと思います。特にスポーツドリンクは液体ですので吸収が早く、急激に血糖値をあげます。加えて、スポーツドリンクに多く含まれる糖質は胃腸から吸収するのにATPというエネルギー物質を使うことになります。つまり胃腸に負担がかかるのです。熱中症の主な症状は吐き気です。嘔吐や吐き気があるときにはとても甘い飲料は飲めないです。塩分補給目的なら梅干しや漬け物などと水、お茶を摂取するのが一番自然だと思います。熱中症、糖質摂取量に気をつけつつ、暑い夏を乗り切れるように頑張りましょう!!

Copyright(c) 2013 Haimoto Clinic All Rights Reserved.