子供の成長 -久しぶりの授業参観-

記載者:YW  公開日時:2015年04月30日

4/22に授業参観があることを知り、小学生最後かという思いもあり5年ぶりに授業参観に行きました。

 あっという間に4月も終わりに近づき、小学生の娘は新学期を迎え、今年は最終学年の6年生になりました。幼少の頃は虚弱体質で入退院を繰り返していたので、小学校では大丈夫だろうかと入学当時は少々心配していました。時が過ぎるのは早くあれから5年も経ち、娘から今のところ無欠席で皆勤だと聞いて、本当に驚きました。
Classroom_visitations.gif
 4/22に授業参観があることを知り、小学生最後かという思いもあり5年ぶりに授業参観に行きました。ただ6年生にもなると父親が授業参観に来るのは、いやがられるかと思いこっそりと行きましたが、帰ってから授業を見に行ったことを伝えたところ、以外に喜んでいたので行ってよかったと思いました。

 今回は算数の授業で、担任の先生以外にもう一人教室内を見回っている先生がいて、2人先生がいるのは授業参観だからなのかと思いきや、算数の授業だけはサポートの先生が付いているそうで、そんなシステムとは全く知りませんでした。
 思えば1年生の授業参観に行った時は、きょろきょろと落ち着きがなく、不安そうな面持ちで授業を受けていましたが、さすが6年生ともなると落ち着いていて、集中して先生の話を聞き、出題される問題も難なく解いている様子が見られて、成長したなあと感じ、安心して帰宅しました。
 
 まだまだ、中学、高校、大学、就職と道のりは長く、父親としてたいしたことはしてやれませんが、「頑張れー!」と影ながら見守りずっと応援していこうと思います。

コメント

コメントを残す



(このメールアドレスは表示されません。)


Captcha認証コード

Captchaをクリックすると違う文字候補が出てきます。


Copyright(c) 2013 Haimoto Clinic All Rights Reserved.