院長あいさつ

プロフィール

灰本 元(はいもと はじめ)

1953年 山口県生まれ
1978年 名古屋大学卒業
1978-1981年 関東逓信病院(現NTT東関東病院)内科レジデント
1981-1986年 名古屋大学医学部第一病理学教室
1986-1987年 愛知県がんセンター研究所
1987-1990年 中頭(なかがみ)病院(沖縄市)内科勤務
1991年 灰本クリニック開業

あいさつ

 当院には医師、看護師、医療事務職だけではなく検査技師、放射線技師、管理栄養士、臨床心理士など大病院に近いさまざまな医療専門職が勤務しています。平成3年にわたしと少数の看護師、医療事務からこのクリニックは出発したのですが、患者数が増えその訴えも千差万別となって、そのときどきに工夫を積み上げてきた結果、現在の形となりました。
 当院へは毎月2000人以上の患者が来院しています。症状も心理状態も刻々と変化する患者さんに対応するためには、医師の指示で職員が動くだけでは機能しません。職員は素早く自分たちで考えて行動すると同時に職員同士の緊密な連携が必要です。すべての職員が20m四方にいるという利点を生かして、院内のあちこちで連携のために小さなカンファランスが開かれています。このような診療体制によって、救急搬送が必要な重症患者さんからさまざまな慢性疾患の患者さんにまで対応しています。大病院に近い専門性とクリニックの小回りを実現し、確かにそこにあってよかったと皆さんに思われる医院でありつづけたいと考えています。

haimoto.jpg 

それぞれの職員は患者を取り囲むコンテナという考え方

 医師看護師検査技師放射線技師医療事務管理栄養士カウンセラー薬剤師などさまざまな専門性を持った職員が、それぞれの立場から患者さんの病気と心に関わり、その情報を素早く職員間で伝えあい、どんな治療が一番よいかをみんなで考える。そして、それぞれの職員が違った役割を果たしながら手をつなぎ、医院全体として患者を包むコンテナとして機能する。そのような医院を目指しています。 

 Container5.jpg

プロフィール

灰本 耕基(はいもと こうき)

1980年 東京都生まれ
1999年 東海高校卒業
2006年 北海道大学医学部卒
2006年 中頭病院(沖縄県)にて内科研修
2011年 小牧市民病院消化器内科
2017年 春日井市民病院循環器内科研修 陶生病院呼吸器内科研修
2018年 灰本クリニック着任

あいさつ

haimoto-29-2.jpg 2018年1月から診療を開始した院長の息子の灰本耕基(こうき)です。私が春日井市に越して来たのはもの心つく前の1歳の時でした。父が東京の病院での研修を終え、大学院に戻ることになり、その際に住みかとしたのが春日井市八事町でした。今では珍しい庭付き一軒家の古びた借家で、妹と一緒に家の中を走り回っていた記憶があります。春日井での生活のなかで、当院を今でも支えてくださっている方々との運命的とも言える出会いがあり、その後、その皆さんの支援のもとに現在の弥生町で開業することになりました。私は小学4年生になっており私たちが寝静まった後、両親が夜遅くまで開業の準備に追われていたのをよく覚えています。そんな両親を見て育った私も医者を志すことになります。北の大地に憧れて北海道大学に入学し、卒業後は沖縄の中頭(なかがみ)病院で5年間研修しました。沖縄は救急や感染症の診療が盛んであり、最初の2年はその基礎を叩き込まれました。後半の3年は主に消化器内科で内視鏡を学びました。その後は愛知県に戻り小牧市民病院で消化器内科医として研鑽を積んできました。今年ですでに開院から27年が経過しており、両親の絶え間ない努力と優秀なスタッフとの出会いが重なり、今の当院が築かれてきたのだと感じています。
 前置きが長くなりましたが、現在、当院に通院されている患者さんも、最初は偶然に当院を選ばれたのだと思います。私が小学生の頃は「家が近かったから」や「病院がピカピカだったから」といった話を聞きました(開業当時は銅板の外装を一部に取り入れており本当にピカピカだったのです!)。年月が経つにつれて口コミでの患者さんが増えてきました。私が診療を開始してからは「親や祖父母が通っているから」という理由を耳にし、10年20年の長きに渡って通院されている方や親子2世代3世代に渡って通院されている方が少なくないことに気づきました。これは父が開業後も診療に必要な新しい診療技術、例えば、漢方や臨床心理(カウンセリング)、胃・大腸内視鏡検査、エコーやCTなどの画像読影、糖質制限食に代表される新しい食事療法などを次々と導入し、患者さんへ提案し続けたことが大きいと考えています。
 このような父の診療スタイルを継承し、高血圧や糖尿病などの慢性疾患の診療に軸足を置き、その中から癌を見つけ、管理栄養士と連携して体重管理を目的とした栄養管理を行います。また、訪問診療などで積極的に介護にも参加し、地元の皆さんに「困ったときの灰本クリニック」と思って頂けるよう努力を重ねていきたいと考えています。その上で私の消化器内科医としての経験、主に胃癌、大腸癌、膵臓癌、胆道癌などの消化器癌での経験を生かしていければと思います。また、私の幼少期をご存知で「こうちゃん」「こうき君」と診察室で親しげに呼んでくださる方もおり、地元の皆さんの期待を感じています。なにぶん、父とは違う性格で戸惑われる方もおられるかもしれませんが、スタッフと連携しながら成長していきたいと考えています。

2018年6月末日、灰本耕基

力を入れている病気

高血圧治療、狭心症の早期診断と予防 低炭水化物食(糖質制限食)による糖尿病とメタボリック症候群の治療 大腸内視鏡超音波検査CT装置による早期癌の診断 、アトピー性皮膚炎漢方治療心身症のカウンセリングなど

スタッフ

常勤医師2人  非常勤医師1人(放射線科読影医)  看護師7人  臨床検査技師2人    診療放射線技師2人  管理栄養士1人  臨床心理士1人  事務職員5人  看護助手1人

各部署の取り組み

看護部

 主な業務
①診察前に問診を取っています。病気のことなど、お気軽に相談してください。また、急病の患者さんには、問診のあと診察までの待ち時間で効率よく診断できるように、医師の指示にて検査や処置を行っています。
②外来で行う検査や処置(採血、尿検査、心電図、注射・点滴等)
③春日井市のがん検診
④胃カメラ・大腸カメラの介助
⑤家庭血圧の測定方法や血圧計の購入相談
⑥在宅自己注射の指導
⑦アトピー性皮膚炎患者さんの軟膏相談など

 最近は、入院することなく外来で治療をうける機会が多くなっています。私達は、患者さんが当院で安心して安全な医療を受けるために、業務マニュアルや手順書を作成し、同じ基準で取り組んでいます。
 また患者さんへの指導にも力を入れており、インスリンの自己注射や高血圧・リウマチ患者さんの療養指導も、患者さんがご自身の事に興味を持ち、療養できるように計画書やチェックリストを作成して説明を行っています。

事務

 当院の事務の特徴は、受付や会計業務だけでなく、診療の補助として事務も必ず診察室につきます。診察室での、先生と患者さんとの会話を聞いて次回の予約や処方を確認したり、紹介状の準備をしたりするなど診療が円滑に進むようお手伝いしています。また受付で血圧や体調を確認したり、会計時に患者さんからお話を聞いたりすることもしばしばあります。このように事務も医師や看護師など医療スタッフと連携しながら、診療にかかわっています。
 毎日多くの患者さんに来院していただき、待ち時間が長くご迷惑をおかけしているかと思います。日々の忙しさで私たちの対応が機械的になってしまい、患者さんが不快な思いをしないよう笑顔で対応する事を忘れずに、わかりやすい説明ができるよう心がけています。帰り際、患者さんからの「ありがとう」という一言に私たちは温かい気持ちになります。患者さんにとって「ここの事務さんには聞きやすい・話しやすい」と思われる信頼関係を築くために、努力を続けていきたいと思います。

検査部門(放射線科、臨床検査)

 当院には、臨床検査技師2名、診療放射線技師2名が在籍しており、生理検査部門では、超音波検査(腹部頚動脈心臓乳腺甲状腺末梢血管など)心電図、血圧脈波検査、肺機能検査、重心動揺計、放射線検査では、一般撮影胃透視注腸透視16列マルチスライスCTなどを行っています。医師に説得力のある画像情報を提供することはもちろんのこと、患者さんに分かりやすい検査結果説明書の作成なども行っています。
 また、当院では技師も撮影だけにとどまらず画像を読む力を養うため日々鍛錬しています。患者さんに当院で検査を受けて良かったと感じてもらえるように、急性疾患ならびに各臓器の癌の早期発見ができるよう尽力しています。

管理栄養士

 当院では、10年以上前から糖尿病と肥満、高脂血症の治療に「ゆるやかなローカーボ(糖質制限)食」による食事療法を行っています。近年、マスコミなどで広がっている臨床研究に基づかない「厳しい糖質制限食」では、かえって総死亡率が上がってしまうことが海外の大規模研究で明らかになってきています。
 ローカーボ(糖質制限)食の効果は ①良好な血糖値コントロール ②体重の減少 ③血清脂質の改善(善玉コレステロールの上昇中性脂肪の減少)④食欲が落ちる などが挙げられます。これらは、ゆるやかな制限でも十分に達成できます。
 この食事療法は、世界的にもまだ発展途上の食事療法です。当院はこの食事療法を行う数少ないクリニックの一つです。これまでに糖尿病や肥満、高脂血症だけで数千人以上の患者さんが、この食事療法を長期間取り組んでいます。
 栄養相談では、10年間試行錯誤しながら培ってきた経験をもとに、患者さんと話し合いながら減量や血糖値の改善とコントロールを進めています。
 
 また、定期的な糖尿病教室を開催し、最近特に話題になっている話題を、医師、薬剤師、看護師、管理栄養士がそれぞれの立場から伝えています。10人程度で行うこの教室で、患者さんは病気の理解を深め、他の患者さんと交流することで治療への意欲を高めています。
 患者さん一人一人の生活習慣や食事の好みに耳を傾け、無理なく楽しみながらこの食事療法を続けていけるようお手伝いをしたいと考えています。

Copyright(c) 2013 Haimoto Clinic All Rights Reserved.