人工甘味飲料は糖尿病に使えない

記載者:NS  公開日時:2017年08月24日

 糖質制限食を実施するときに人工甘味飲料や人工甘味料を使ってよいという立場と使うべきではないという立場が対立している。それは、かつて日本で長らく使われていた人工甘味料のサッカリンが発がん性ゆえに突然販売停止になった苦い経験を彷彿とさせる。その経験がある私の世代は人工甘味料に懐疑的かもしれない。私ははっきりと反対である。口当たりはたいそう甘いが体には大丈夫、そんなヒトの味覚をだますような物質が安全とは到底私には思えないからである。Nature2014に人工甘味料が腸内細菌の撹乱を介して耐糖能を悪化させるという論文が発表された。この研究はきわめて緻密な実験を動物だけでなく人体をも題材にして実施し、人工甘味料の本質を証明してくれた。
 一方、大規模観察研究でも2011年以後人工甘味飲料と糖尿病発症について3編の報告が専門誌(AJCM)に掲載されている。そのうちの一つを紹介したい。

閉経後女性における人工甘味飲料、砂糖飲料、水と糖尿病発症:前向きWomen’s Health Initiative観察研究
Huang H. et al, Am J Clin Nutr August 2017 vol. 106 no. 2 614-622

【研究内容】
 砂糖飲料が糖尿病発症に関係することは明らかであるが、人工甘味料との関係は明らかではなかった。そこで、1993年から1998年まで閉経後女性を対象に、以下の目的で観察研究をおこなった。砂糖飲料と人工甘味飲料の消費量と2型糖尿病発症との関係および砂糖飲料を人工甘味飲料や水で置き換えることで2型糖尿病の発症は減少するか。

結果は、
1.64850人の女性を平均8.4年間追跡した結果4675人(7%)に糖尿病が発症。
 人工甘味飲料では21%、砂糖飲料では43%、同量の水に比べ糖尿病を発症する危険性が上昇した。
2.人工甘味飲料に関係した糖尿病発症は肥満の患者だけにみられた。

3.砂糖飲料を同量の人工甘味飲料に置き換える解析をすると糖尿病発症が減らなかった。

4.糖尿病発症は、1回の人工甘味飲料を同量の水に置き換えると5%減少し、1回の砂糖飲料を同じ量の水に置き換えると10%減少した。

 この研究では統計的に砂糖飲料を人工甘味飲料に置き換えても糖尿病発症リスクは減らないと結論付けている。これ以外の二つの研究では人工甘味飲料は砂糖飲料よりも糖尿病発症率が高いという結果と、肥満などの別の要因を持った場合に糖尿病発症率が高くなるという結果となっており、いずれにせよ人工甘味料は糖尿病には使えない。わたしたち食事療法を指導する立場からみると、砂糖飲料は健康によくないと患者さんは理解しているので量のコントロールを指導しやすい。それに対して人口甘味飲料は患者さんがいくら飲んでも血糖が上がらないと信じているので量のコントロールが困難となっている。
 さらに重要な問題は人工甘味料が腸内細菌を撹乱する点である。その撹乱は耐糖能異常や糖尿病発症という結果だけでは済まない可能性が高い。肥満、動脈硬化、アレルギー、自閉症、多発性硬化症、肝疾患など腸内細菌の撹乱は多方面の疾患を発症することがわかりつつある。サッカリンの失敗を繰り返さないために人工甘味飲料および人工甘味料の食品を自粛すべきである。                          
(医師 灰本 元)

 

Copyright(c) 2013 Haimoto Clinic All Rights Reserved.