灰本クリニック

高血圧

 当院で高血圧の治療でもっとも重要視しているのが「家庭血圧」です。

 病院で測定する血圧(外来血圧)は緊張した状況で測定するので比較的高い数値になってしまうため(白衣高血圧と言います)、治療には使えません。家庭血圧なら毎日同じ時間・同じ条件でリラックスした状態で測定することができるため、血圧変動の全体像をみることができます。家庭血圧の測定方法は、①朝起きて30分後の血圧(早朝血圧)と②夕方~夜の血圧を毎日測定し血圧手帳に記録するだけです。

HT1.jpg


 自覚症状があまりない高血圧を長い間放置すると脳出血や脳梗塞だけでなく認知症にもなりやすいので、それを予防するために70歳未満では上の家庭血圧値を120台まで、70歳以上では130前後までしっかり下げます。

 家庭血圧をつけてみると、血圧には日内変動があることがよくわかります。とくに早朝血圧は高くなりがちで脳梗塞の原因となるので寝る前にも薬を追加します。血圧には季節変動もあり冬は夏より10~20も上がるので冬は薬を増やし夏は減らします。 

 そのような治療によって一年365日、朝から夜までしっかり下げるのが当院の治療法です。それを確認するのが重さ200g、タバコ1箱の大きさの24時間自動血圧測定装置(ABPMといいます)です。体に装着すると30分に1回自動的に測定します。家庭血圧計では測定できない夜中(下図の灰色)や仕事中の血圧も知ることができるので、一ランク上の脳梗塞・出血の予防を実現できます。

24ht abpm2.jpg

 家庭血圧を測定して正しく血圧をコントロールしましょう。当院には1700人の高血圧症の患者さんが通院していますので、ぜひ一度ご相談ください。
 


  • 消化器内科
  • 循環器内科
  • 糖尿病内科
  • 呼吸器内科

灰本クリニック

〒486-0838
愛知県春日井市弥生町1丁目80番

(0568)85-0567

受付時間

休診日日曜・祝日/第2土曜/水・土午後

受診のご案内