放射線装置

 X線TV装置

 胃や大腸などの消化管検査、およびその他の造影検査を行う時に使用します。一般のレントゲンとは異なり、スイッチを押している間は常にX線を出すことができます。ベッドを立てたり寝かせたりと、自由にベッドを動かし撮影を行います。消化管検査のバリウムの流れなど動きを観察しながら撮影する装置です。 

HNO11.gif
【X線TV装置】


IMG_04911.2-1.jpg【実際の胃の写真】  
Copyright(c) 2013 Haimoto Clinic All Rights Reserved.