超音波検査

腹部超音波検査

 超音波検査(エコー)とは、探触子(プローブ)から超音波が発生し、echo.gif
物体から跳ね返ってきた音波を測定し、コンピューターで解析して画像をモニターへ映し出すものです。動画像・静止画像で観察することができ、簡易で苦痛が少なく、レントゲンのような被曝の心配もない検査です。

 腹部超音波検査では、主に肝臓・胆のう・膵臓・脾臓・腎臓・消化管・大動脈・膀胱・前立腺・子宮など幅広い範囲を観察します。この検査では、
おもに内臓の急性炎症、癌、結石、動脈瘤などがわかります。 また、腹部超音波検査では、消化管はガスや内容物であまり見ることができないといわれていましたが、胃や小腸・大腸などの消化管疾患もよく分かります。

 超音波検査は、状態によっては見えないことがあります。例えば、食事をすることによって、胆のうは収縮して見えにくくなり、また消化管の動きは活発となり、ガスが発生して見え難くなります。

logo16.gif

logo19.gif

心臓超音波検査

cardiacecho.gif 心臓の形態、心臓の筋肉や弁などの動きを静止画像・動画像で観察することができ、心臓の機能を調べる検査です。心筋梗塞、狭心症、心臓弁膜症、心筋症、心不全などの状態を知るために威力を発揮します。


  
 カラードップラー法という検査法では、右の画像のように、心臓においてはcardiacecho2.gif
心房内・心室内への血液の通り具合や逆流などを青色と赤色で区別して見ることができ、心臓の弁の開閉状態が把握できます。


頚動脈超音波検査

 頚動脈は体表近くの血管であるため、超音波での描出が容易です。おもに血管壁厚さ(IMT:内中膜複合体厚)や状態などを観察します。脳と心臓の動脈硬化の程度を予想できます。 doumyakukouka1.gif

 動脈硬化とは、動脈壁が厚くなって、弾力がなくなり、血管が堅くなった状態をいいます。右図のプラークは、ドロドロしたマヨネーズのような色や形をしており、くずれて血管内に流れ出します。すると、血小板や赤血球が集まってきて、急激に赤い血のかたまり(血栓)が血管内にできてしまいます。いわゆる脳梗塞や心筋梗塞の始まりです。 
 
 また頸動脈の血液が流れる速さを測ることができ、右と左の流れる速さに大きく差がある場合、血管が狭くなっている可能性があり、精密検査が必要となります。

Copyright(c) 2013 Haimoto Clinic All Rights Reserved.